介護職員初任者研修通信! おもろまち 脱毛

介護福祉コラム

介護福祉士の役割と義務!

 

 

 

 

 

 

 

介護福祉士は1987年に制定された、社会福祉士、
及び、介護福祉士法により、業務が開始されている。

 

 

介護福祉士ができた理由としては、時代背景にある。
日本では医療の進歩と共に、徐々に高齢化社会へと進み、
寝たきりになってしまい人が増加してしまっている。

 

 

そこで、高齢者の介護を、専門的知識、技術を持って行える、
人材の確保を行うために制定された。

 

 

介護福祉士としての役割は、法で定められており、以下のように示されている。

 

 

 

「専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害があることにより、
 日常生活を営むのに支障がある者につき、心身の状況に応じた介護を行い、
 並びに、その者及びその介護者に対して、介護に関する指導を行うことを、
 業とする者をいう。」

 

 

 

この場合の介護には、要介護だけでなく、要支援の状態の人も含まれ、
要支援の場合には、要介護にならないように、予防を目的として、
介護、支援する事も求められている。

 

 

介護福祉士として業務を遂行するにあたり、義務も生じている。
義務に関しても法律で定められおり、以下の点がある。

 

 

 

・利用者の立場に立って誠実に業務を行う義務
・信用を傷つける行為はしてはいけないとう、信用失墜行為の禁止
・他のサービスとの連携、資質向上の責務
・介護福祉士でなくなったときも、知りえた情報を漏洩してはならないという
 秘密保持義務

 

 

 

これらに対して、どのように行動化してけばよいのかという事に関しては、
日本介護福祉会が倫理基準を定めているので、それを読んでおくといいであろう。

 

 

介護福祉士は名称独占であり、業務独占ではないことから、
資格を持たず、十分な知識、技術を持たない者と同じ仕事をしているのが現状である。

 

 

そこで、何を行う事が介護福祉士なのかを、常に考えながら行動していく必要がある。

 

 

 

 

<<関連サイト>>

 

クリニカルスペシャリスト看護師求人! 〜CRA・CRCなどへの転職も〜